サクッと10分でQRコード決済ができるようになります!

ぺいたんの「キャッシュレスの世界へようこそ!」

merpay(メルペイ)とは?登録から使い方、使える店やキャンペーンの解説

更新日:


ぺいたん(@paytan_qr)です。

「QRコード決済種類ありすぎて良く分からない!」
「メルペイってどーなの?どうやって使うの?」

今回ぺいたんが実際にメルペイのインストールからチャージ、店での支払いを試してみました。

これを見ればメルペイが理解できるはずです。

ぺいたんのメルペイざっくり解説

メルペイのメリットは

  • メルカリ使ってる人はすぐ利用できる
  • やたら10%以上還元キャンペーンやってる

です。メルカリが運営していて資金力もあるので数年後〇〇payが数社までまとめられても生き残る会社だと思います。

逆にペイペイのデメリットですが目に見えるものは特にないと感じます。他社だと運営会社のアカウント持ってないと〇〇pay始められないとかありますが、メルペイはメルカリアカウントなのですぐ作れますし。

メルペイとは?ヤフーとソフトバンク共同のQRコード決済サービス

メルペイはメルペイ株式会社が運営するQRコード決済サービスです。

メルペイはその名の通りフリマサービスでおなじみのメルカリが運営するPay系サービスです。

サービス名 メルペイ(ペイペイ)
運営会社 株式会社メルペイ
アプリ以外に必要なもの メルカリアカウント(メルペイはメルカリアプリの機能の1つなので)
利用者側の手数料 なし
支払い方法 事前にメルペイ残高にチャージしてそこから支払い
メルカリあと払いによる翌月一括支払い
チャージ方法 ・銀行口座
・メルカリの売上金
QRコード提示決済(お店がQRコード読み込み)
QRコード読込決済(自分が商品のQRコード読み込み)
オートチャージ(指定の残高以下になったら自動で設定額をチャージ) ×
ユーザ間の残高送付 ×
割り勘機能 ×
メルペイを始めるまでの時間 約2~3分ほど

メルペイのキャンペーンとキャッシュバック上限について

メルペイはキャンペーン期間を除き還元をやっていません

直近だと7月にセブンイレブンで使うと10%還元になりますね。

【直近】メルペイの2019年7月のキャンペーン。セブンイレブンで11日~21日最大20%キャッシュバック

直近の話しだとセブンイレブンでメルペイを使うと11日~21日の間、最大20%キャッシュバックされます。(上限は1000円)

実はメルペイは今までセブンイレブンでは使えず、7月から導入開始なのです。そのオープニングキャンペーンと言った感じです。

メルペイの加盟店、使えるお店

メルペイが使える店舗のまとめです。

◆主要コンビニ

セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
×

意外な話ですがファミリーマートは未対応です。他のコンビニは全部対応。

メルペイの使い方、新規登録方法、チャージ方法について

ざっくりこの流れになります。

  1. スマホにメルカリアプリをダウンロード
  2. アプリに銀行口座連携登録と残高へのチャージ
  3. メルペイを使って実際の店舗でお支払い

スマホにメルペイアプリをダウンロード

まずはスマホからメルカリアプリをダウンロードします。メルペイはフリマアプリメルカリの機能の1つなのでメルカリが必要です。iPhoneならApp Storeからですね。

ダウンロードしたらアプリを起動してログインします。やり方は3つあって

  • Facebookアカウント
  • Googleアカウント
  • メールアドレス

があります。ぺいたんはメールアドレスでやりました。途中で電話番号の登録とSMS認証が必要になります。

アプリに銀行口座連携登録と残高へのチャージ

アプリ落としただけでは残高が0なので支払いできません。

なので銀行口座を登録してメルペイ残高へチャージする必要があります。パッと見登録できるのは銀行口座だけでクレジットカードはできない感じ。

基本はアプリ画面の指示に従って進めればいいのですが、口座登録時に通帳最終残高の入力が必要になります。この通帳最終残高がくせ者で、

通帳最終残高とは通帳に現在記載されている最終行の残高

であることに注意が必要です。例えば普段カードで引き落としていて通帳の書き込みが最新でない場合、カードの現在残高と通帳の最終行に書かれた残高は異なる数字になるはずです。

が、必要なのは通帳最終残高なので絶対に通帳がないと入力できません。いくらカードの残高を入力しても受け付けてもらえません。

無事連携できたらアプリの画面から必要額をチャージします。

メルペイを使って実際の店舗でお支払い

無事チャージできたら後はお支払いするだけです。

お支払いをする場合2つやり方があります。1つは合計額を言われたら自分のQRコードを出して読み取って貰う方法。

もう1つはお店の商品のQRコードを自分で読み取って支払う方法です。

どちらができるかはお店によって違います。殆どの店(コンビニなど)は自分のQRコードを出して読み取って貰う方法です。カフェなど一部の店舗のみ自分でQRコードを読み取る形式になってます。

◆お店にバーコード見せる

  1. 自分のメルペイQRコード提示
  2. お店の人が読み取る
  3. 支払い完了!

◆QRコードの提示

  1. お店でQRコードを読み込み
  2. 支払画面を定員に提示して確認
  3. 支払う→お店にメール届く

メルペイあと払い

実はメルペイは残高チャージ以外に翌月に一括で支払えるメルカリあと払いというサービスをやっています。これはメルペイの支払いをクレジットカードのように翌月に回せるものです。

チャージ残高を気にせず使えたりできるメリットがあります。

【関連記事】メルカリあと払い

メルペイの登録は面倒だけど実際使ってみるとおもしろい

メルペイは元々メルカリの機能でメルカリ以外の支払いを可能にしたサービスです。

なのでメルカリ使ってる人には便利になったと思います。反面メルカリ使ってない人にとっては機能が少なく感じるかもしれません。

-merpay(メルペイ)

Copyright© ぺいたんの「キャッシュレスの世界へようこそ!」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.