サクッと10分でQRコード決済ができるようになります!

ぺいたんの「キャッシュレスの世界へようこそ!」

PayPay(ペイペイ)とは?登録から使い方、使える店やキャンペーンの解説

更新日:

ぺいたん(@paytan_qr)です。

「QRコード決済種類ありすぎて良く分からない!」
「PayPayってどーなの?どうやって使うの?」

今回ぺいたんが実際にPayPayのインストールからチャージ、店での支払いを試してみました。

これを見ればPayPayが理解できるはずです。

ぺいたんのPayPayざっくり解説

PayPayのメリットは

  • 利用できる店舗が多い(キャンペーンいっぱいやってた影響)
  • YahooID持ってれば簡単に利用できる(IDは無くてもすぐに作れる)
  • QRコード系の基本機能が揃っていて使いやすい
  • やたら10%以上還元キャンペーンやってる

です。ソフトバンク、yahooが運営していて資金力もあるので数年後〇〇payが数社までまとめられても生き残る会社だと思います。

逆にペイペイのデメリットですが目に見えるものは特にないと感じます。他社だと運営会社のアカウント持ってないと〇〇pay始められないとかありますが、PayPayはyahooIDなのですぐ作れますし。

PayPayとは?ヤフーとソフトバンク共同のQRコード決済サービス

PayPayはPayPay株式会社が運営するQRコード決済サービスです。

PayPayの普及率を高めるために「100億円キャンペーン」を打ち出したら1週間で100億超えて、期限前にキャンペーン終了してしまったことで有名になりました。

PayPayの株主は「ソフトバンク」と「ヤフー」なのでこの系列のサービスとも言えます。PayPayのチャージにYahooIDが必要なのもこのためです。

2019年6月現在、新規登録者には500円相当のボーナスが付いてきます。

サービス名 PayPay(ペイペイ)
運営会社 PayPay株式会社(ソフトバンク、ヤフー系列)
アプリ以外に必要なもの YahooIDとYahoo!ウォレット(口座連携に必要)
口座を登録する場合預金通帳(通帳最終残高の入力が必要なため。カード不可)
利用者側の手数料 なし
支払い方法 事前にPayPay残高にチャージしてそこから支払い
チャージ方法 ・銀行口座
・クレジットカード
QRコード提示決済(お店がQRコード読み込み)
QRコード読込決済(自分が商品のQRコード読み込み)
オートチャージ(指定の残高以下になったら自動で設定額をチャージ)
ユーザ間の残高送付
割り勘機能
PayPayを始めるまでの時間 約15分ほど(ただしyahooIDを既に持ってる場合)

PayPayのキャンペーンとキャッシュバック上限について

PayPayはPayPay残高かヤフーカードで支払った場合のみ3%の還元があります。(ヤフー以外のクレジットカードはダメ)また

「1回の支払いにおける付与上限」は15,000円まで
「1カ月の付与合計上限」は30,000円まで

になります。

あとは時期によって10%以上の高額キャッシュバックキャンペーンやってます。100億円キャンペーンやったことで有名ですがその後も毎月何かしらの10%以上還元キャンペーンをやってます。

【直近】PayPayの2019年7月のキャンペーン。セブンイレブンで11日~21日最大20%キャッシュバック

直近の話しだとセブンイレブンでPayPayを使うと11日~21日の間、最大20%キャッシュバックされます。(上限は1000円)

実はPayPayは今までセブンイレブンでは使えず、7月から導入開始なのです。そのオープニングキャンペーンと言った感じです。

PayPayの加盟店、使えるお店

PayPayが使える店舗のまとめです。

◆主要コンビニ

セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
×

意外な話ですがセブンイレブンは未対応です。他のコンビニは全部対応。ただし、前述のキャンペーンで解説したとおり7月からセブンイレブンもPayPay対応となります。

他には総合スーパー、ディスカウントストア、ドラッグストア、飲食店、家電量販店、書籍、ファッション、百貨店、モールショッピング、メガネ、コンタクトなど対応店は多いです。特にドラッグストアはPayPayドラッグストアキャンペーンをやったこともあり、加盟店は非常に多いです。

交通系でいうとタクシーでもPayPay対応が増えています。ただし今のところ電車には対応してないですね。

PayPayの使い方、新規登録方法、チャージ方法について

ざっくりこの流れになります。

  1. スマホにPayPayアプリをダウンロード
  2. アプリに銀行口座連携登録と残高へのチャージ
  3. PayPayを使って実際の店舗でお支払い

アプリダウンロードして銀行口座かヤフーカード登録して残高にチャージの流れ。

ただし7月11日からセブン銀行ATM限定ですが現金でのチャージが可能となります。この場合アプリのダウンロードだけですぐ使えそうです。

スマホにPayPayアプリをダウンロード

まずはスマホからアプリをダウンロードします。iPhoneならApp Storeからですね。

ダウンロードしたらアプリを起動してログインします。電話番号とパスワードを設定するか、Yahoo!JAPAN IDでログインします。ちなみにYahoo!JAPAN IDでも直後に電話番号の登録とSMS認証が必要になります。

↓動画を見るとわかりやすいです。

アプリに銀行口座連携登録と残高へのチャージ

アプリ落としただけでは残高が0なので支払いできません。

なのでチャージする必要がある・・のですが、実は銀行口座からPayPay残高へチャージする場合、直接チャージはできません。

一度Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に銀行口座を登録
→Yahoo!ウォレットに登録した口座からPayPayに入金

という1手間踏む必要があります。連携登録は最初の1回のみですがちょっとだけ面倒だったりします。(ちなみにYahoo!ウォレットはYahooのサービスなのでYahooIDが必要です。なのでない場合そっちの登録も必要)

  1. Yahoo! JAPAN IDの連携を行う
  2. Yahoo!マネー/ウォレットを登録する
  3. 銀行口座/ヤフーカードを登録する
  4. PayPay残高にチャージする

銀行口座かヤフーカードからチャージする
→銀行口座登録にはYahooJapanIDとの連携が必要

基本はアプリ画面の指示に従って進めればいいのですが、口座登録時に通帳最終残高の入力が必要になります。この通帳最終残高がくせ者で、

通帳最終残高とは通帳に現在記載されている最終行の残高

であることに注意が必要です。例えば普段カードで引き落としていて通帳の書き込みが最新でない場合、カードの現在残高と通帳の最終行に書かれた残高は異なる数字になるはずです。

が、必要なのは通帳最終残高なので絶対に通帳がないと入力できません。いくらカードの残高を入力しても受け付けてもらえません。

無事連携できたらアプリの画面から必要額をチャージします。

PayPayを使って実際の店舗でお支払い

無事チャージできたら後はお支払いするだけです。

お支払いをする場合2つやり方があります。1つは合計額を言われたら自分のQRコードを出して読み取って貰う方法。

もう1つはお店の商品のQRコードを自分で読み取って支払う方法です。

どちらができるかはお店によって違います。殆どの店(コンビニなど)は自分のQRコードを出して読み取って貰う方法です。カフェなど一部の店舗のみ自分でQRコードを読み取る形式になってます。

◆お店にバーコード見せる

  1. 自分のPayPayQRコード提示
  2. お店の人が読み取る
  3. 支払い完了!

◆QRコードの提示

  1. お店でQRコードを読み込み
  2. 支払画面を定員に提示して確認
  3. 支払う→お店にメール届く

PayPayのQ&A

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)を登録済みのヤフーカードのみです。

PayPayの登録は面倒だけど実際使ってみるとおもしろい

実際登録してみるとわかりますが結構手間がかかります。アプリ、yahooウォレットとの連携、口座登録それぞれで生年月日聞かれたりで年配の方には結構分かりづらいと感じます。(将来的にここが簡略化されるといいなぁ)

ただ1回登録すればあとはチャージして支払うだけなので簡単に使えます。

PayPayは頻繁にキャッシュバックキャンペーンやってるので当たる確率も結構高いです。

-PayPay(ペイペイ)

Copyright© ぺいたんの「キャッシュレスの世界へようこそ!」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.